ドロップ ダウン リスト 解除。 【エクセル時短】ドロップダウンリストの項目を追加・編集するには? 元の作成方法に合わせて対処しよう

【エクセル2013】プルダウンリストを解除するには?

他に手はないのか考えてみた。 Q こんばんは。 (1)入力時間が短縮できる プルダウンリストはセルをクリックしてリストから選択するだけなので、文字入力が苦手な方も簡単に入力することができます。 エクセルの関数を使うことでプルダウンメニューの連動が可能になるんです。 するとドロップダウンリストから項目が削除されました。

>

Excelでプルダウンを解除!ドロップダウンリストを解除する

また、同じシート上の他のセルに新しい入力規則を設定してみるも、やはりドロップダウンリストが出ない。 ドロップダウンリストは表示され、そこから選ぶことは可能ですが、まったく関係ない値も普通に入力できてしまいます。 プルダウンリストを削除(解除)する方法 それでは始めていきましょう! プルダウンリストを削除(解除)するセルをドラッグして選ぶ まずはプルダウンリストを削除(解除)する セル範囲を ドラッグして選びましょう。 【Excel】不要な情報は非表示ではなく折りたたむ! [Excel] プルダウンで項目リストを表示 - 仕事に役立つOfficeの使い方 77 マイナビニュース• 3ドロップダウンリストに項目を追加できた リストに項目を追加できました。 「データ」タブをクリックして選ぶ• その場合は「コンテンツの編集時にコンテンツコントロールを削除する」にチェックをいれればOKです。

>

Excelで基本のプルダウンリスト[ドロップダウンリスト]の作成

これは必須ではないですが、書いてあるとリストから選択するのかとわかるので、ユーザに優しいですね。 指定するのは、リストにしたいものだけなので、合格と不合格のみです。 [ 設定] タブの [ 元の値] ボックス内をクリックし、ドロップダウン リストのエントリが入力されているワークシートで、それらのエントリが含まれているします。 データタブ内の【データの入力規則】をクリックします。 ここでは「札幌市,函館市,小樽市,旭川市」と入力しました。 xlValidateList は、Typeプロパティの定数でリストを指定します。 エクセルのありがた迷惑な機能を外して自分仕様にするテク【いまさら聞けないExcelの使い方講座】 窓の杜• ドロップダウンリストから項目を削除する場合は、ドロップダウンリストが参照している元データから項目を削除するだけです。

>

連動するドロップダウンリストをテーブルを利用して作成する:Excelの基本操作

[元の値]欄でクリックすると、この欄に文字カーソルが入り、選択肢用のデータがどこにあるのかを指定する準備が整いました。 プルダウンの項目を修正する 次に「項目の修正」の仕方で、次のように行います。 項目を直接指定している• (1)「データの入力規則ウィンドウ」を呼び出し、入力値の種類を「リスト」から「全ての値」に変更する (2)完了 これで、セルをクリックしてもリストが表示されなくなります。 ならば「修復」してみたらどうなるか、試してみた。 「データの入力規則」ウィンドウの「OK」ボタンをクリックして選択する 「すべてクリア」ボタンをクリックしたら 「データの入力規則」ウィンドウ内の 「OK」ボタンをクリックして選択します。 また後から修正することも考えると面倒ですね。 初歩的なことでしたらお手数掛けて申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

>

Excel プルダウンの使い方!作成・編集・連動・解除 [エクセル(Excel)の使い方] All About

「元の値」のテキストボックスをクリックしてカーソルをいれます。 BITDAYS• この例では、セル A2 から A5 にエントリの追加または削除を行っています。 ですので、このドロップダウンリスト側の設定も変更が必要になります。 それぞれの特徴を理解し、場面に応じて使い分けましょう。 また、勝手に削除されないよう「コンテンツコントロールの削除不可」にはチェックを入れておくのがおすすめです。

>

Excelでプルダウンを解除!ドロップダウンリストを解除する

候補値の一番上から一番下までドラッグでし、候補値全てを選択します。 ですが、 これだけでは、ドロップダウンリスト自体の選択肢は増えません。 何度か作っているうちに、慣れて、スムーズに作れるようになります。 入力したセルの値を合計とかでなくて、 純粋に別のシートに自動的に表示したいのであれば、 以下の方法があります。 ですので、「名前の定義」ウィンドウで、実際に登録されている定義をレビューする(あってはならない名前の重複がないことを確認する)、定義された名前を全部削除して付け直してみる(ファイルの名前付けを記録している部分が壊れている)の確認/回避手段しか思いつけません。 (2)使う用語が統一され、見やすくなる 入力されたものを見た時に、用語が統一されるので見やすくなります。

>

【決定版】エクセルのプルダウンリスト(ドロップダウンリスト)を設定・解除する方法

スポンサーリンク. プルダウンリストの内容によってセルに色をつける。 そういう時には、選択肢の増減に対応できるようにあらかじめ設定する方法があります。 プルダウンの項目を追加する まずは「項目の追加」の仕方で、次のように行います。 他のエクセルの記事は下記からどうぞ。 プルダウンを解除する 最後にプルダウンの解除の仕方ですが、方法は共通で次の通りです。 プルダウンリスト以外の入力規則も合わせて一気に解除 プルダウンリストを解除したい範囲に、入力時メッセージや、など、プルダウンリスト以外の入力規則も設定されていて、それらも合わせて一気に解除したい場合、 プルダウンリストを解除したいセル範囲を。

>

Excelで基本のプルダウンリスト[ドロップダウンリスト]の作成

このページでご紹介するのは、• これで選択したリストと連動して行単位に色を設定できます。 コンテンツ コントールの削除不可:ドロップダウンリストが削除不可に• 作り方を知っていると非常に役に立ちますので、この記事を参考に、実際に作ってみましょう。 名前を付けて指定 最後に「名前を付けて指定」するやり方で、次のように行います。 ヒント: 削除する項目が一覧の中央あたりにある場合、そのセルを右クリックし、[ 削除] をクリックし、[ OK] をクリックして、セルを上に移動します。 [ 設定] タブで、[ 元の値] ボックス内をクリックします。 2-3. ヒント: 削除する項目が一覧の中央あたりにある場合、そのセルを右クリックし、[ 削除] をクリックし、[ OK] をクリックして、セルを上に移動します。

>