Line トーク スクショ。 LINEでトーク内容をスクショ可能に。iOS限定で「トークスクショ機能」を提供

LINEで長い長いスクリーンショットを保存できる「トークスクショ」のやり方を解説

例えば、撮影する範囲が決められますので、一画面に収まらない、長いやりとりをスクリーンショットで保存したい場合は便利です。 LINE「トークキャプチャ」機能の使い方 LINEの「トークキャプチャ」機能を分類に分けて解説していきます。 これで「キャプチャ」完了です。 これで最初の設定が完了です。 これによって、特定のメッセージを目立たせたり、追加でメモを書いたりして加工できます。

>

LINEの「トークスクショ」機能の使い方!長い切り抜き/アイコン隠しも解説!

なので選択したトークから、上かもしくは下を表示しない様に出来ます。 で、記録したいトークを長押しします。 スクショの選択画面でほとんど出てこない• 「キャプチャ機能」や「スクショ」は上記を参考にして使い分けて利用してみて下さい。 LINE LabsはLINEに実装されるかもしれない先行機能を先に体験できるというもの。 これらの手順を踏んでトークスクショが機能しない場合は、 LINEのサーバー側、もしくはアプリになんらかの不具合・障害が発生している可能性があるので、改善されるまで待つ必要があります。 スクショする場合は相手に バレるケースに気を付けて、自己責任で行いましょう!. 使い方は、まずトークスクショを始めたい部分のメッセージを長押しして、表示されるメニューから「スクショ」を選択します。 使い方は単純。

>

LINEのスクショ機能の使い方|長い会話も保存できて個人情報も簡単に隠せる!

LINE新機能「トークキャプチャ」機能とは LINEの新機能「トークキャプチャ機能」とは、簡単に言うと「スクリーンショット(スクショ)」の様な機能です。 続いて、上記のように「 情報を隠す」という項目が表示されるので、そちらをタップしてください。 自分自身のため、友だちとのコミュニケーションのため、ぜひ、スクショ機能を活用してみてはいかがでしょう。 通常のスクショ• 隠す場合、表示されるのは個人名やアカウント名ではなく、ヤシの木やペンギンなどのアイコンで隠してくれます。 そして、このどちらのやり方でもLINEの相手に通知でスクショがバレるということはないです。 保存したコンテンツは時系列・サイズ順で並べられていたが、「コレクション」という フォルダ分けができる機能が追加された。

>

LINEのスクショは通知でバレることなし!他のバレるケースをスクショのやり方とともに紹介するよ|スマホル

Image: LINE するとアイコンが別のものに。 またどうしてもトーク相手以外にここだけを見せたいときにも、アイコン変更機能を使えば相手を知られずに伝えることができちゃいます。 【設定方法】 1. 長めの会話をスクショしたいときや、誰との会話かわからないようにスクショしたいときなどに使ってみてください! まとめ ということで、 LINEのスクショについて詳しく紹介しました。 ここで「 スクショ」をタップするとスクショされます。 和風なものが大好き。

>

【iOS限定】LINEのトークスクショ機能とは?便利な理由と撮れない時の対処法

iOS14にアップデートして色々不具合が発生しているという記事を先日書いた。 プライベートレッスンでのご依頼 LINEのやり取りを「トーク」といいます。 トーク全体ではなく一部分のみを保存したい場合や、頻繁にトーク内容を見返したいという場合には、トークスクショが便利です。 iOS版先行(限定?)機能となっています。 この明るい部分が、スクショ画像として切り取られる範囲になりますよ。 長いやり取りも、長〜い1枚の画像でスクショしてくれるこの機能。 そこでLINEアプリでスクショする意味が出てくるのが、「 情報を隠す」機能なんです。

>

【LINE】スクショ画像の保存先は?見つからない時の解決策も(iPhone/Android) | LINEアプリの使い方・疑問解決マニュアル(LINE活用ガイド)

この機能を「ON」にしておけば、開いたWEBサイトをスワイプダウンすることで 画面下に小さく表示させたままにできるので、LINEのブラウザを何度も開いたり閉じたりすることなくトークを進めることができる。 いちいちアプリを切り替えなくてもLINEアプリ内でサイトを閲覧できる便利な機能だが、トーク画面に戻って再びそのサイトを閲覧する場合は、再度URLにアクセスする必要がある。 LINE「スクショ機能」の使い方 先日公開された『LINE』アプリの最新版で追加されたのが、トーク画面の「 スクショ機能」 そもそもスマホには画面を画像として撮影するスクリーンショット機能が搭載されており、なぜわざわざLINEアプリの新機能で搭載する必要があるのかと疑問に思う方もいらっしゃいますよね。 現在は、iPhone・Androidどちらでも利用できる機能となっています。 パソコムプラザは、全国一般社団法人パソコープの理事教室も務める。 (5)宛先を選び、【送信】を押します。 「私、iPhoneにしてから、全然これを活かして使ってないんですね。

>