マクラーレン 765lt。 最高時速330kmの究極マシン! マクラーレン 765LTが受注を開始|価格は4450万円~

【新ロングテール登場】マクラーレン765LTを撮影 765psの新型モデル スペック/内装は?

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により延期になった自動車産業界のイベント、「2020年自動車ニュース世界会議」で発表予定だった内容をメディアに向けて公表した。 カーボンファイバー製ボディパネル、チタン製エキゾーストシステム、軽量デュアルサスペンション、ポリカーボネート素材の活用などにより、クラス最軽量を誇る720Sよりも80kgも軽い、1229kgという乾燥重量を実現した。 また、ダンパーは減衰力が強められ、同時にスプリングもより硬いタイプに交換されている。 ペースを落として一般道を走れば、ドライバー次第で豊かな満足感も与えてくれる。 生産台数はわずか765台。 電子制御は、ESCダイナミック・モードにしてある。

>

マクラーレン新型スポーツ車「765LT」 写真特集:時事ドットコム

すでに相当数のオーダー希望が寄せられているという。 マクラーレンの「ロングテール(LT)」モデルの文法にのっとり、パワートレインやエアロダイナミクス性能の強化に加えて、徹底した軽量化を実施。 オーディオとエアコンは無償のオプション設定 キャビンでは、720Sより18kg軽量なカーボンファイバー製シェルのレーシングシートを標準装備。 765LTのアクティブリヤウィングやリヤバンパーは、英国ヨークシャーにあるマクラーレン・コンポジット・テクノロジー・センター(MCTC)で生産される。 一次元的なクルマではまったくない。 プラチナ仕上げとなる10スポークのウルトラライトウェイト鍛造アロイホイールはチタン製ボルトで固定される。

>

マクラーレン新型スポーツ車「765LT」 写真特集:時事ドットコム

コクピットにエンジンを? 「エンジンはクルマにとっての心臓だから、ドライバーとの一体感を高めるために、それをキャビンに持ち込むことを考えたのさ」 ジェームス・ウォーナーは、冒頭でこう説明している。 サイドウィンドウおよびフロントウィンドウも薄くするとともに、透明パネルを備えたCピラーとリヤスクリーンには軽量なポリカーボネートを採用。 リアのアクティブウイングは720Sのものより長く、表面積が20%拡大しており、ウイングが展開していないときでもダウンフォースの増大に貢献している。 LTビスポークの10スポークウルトラライトウェイト鍛造アロイホイールは標準装備ではプラチナ仕上げになっており、チタニウム製ホイールボルトで固定されている。 ガラスパネル越しにエンジンを車内に露出するオプションも用意する。

>

マクラーレン、新型ハイパフォーマンスハイブリッド「アルトゥーラ」

リアミドに縦置きされる4リッターV8ツインターボエンジンは720Sを45PSと30N・m上回る最高出力765PS、最大トルク800N・mを発生。 数十年にわたる先駆的な超軽量のレーシングカーやロードカーのエンジニアリング技術を生かし、電動化に関するあらゆる専門性を注ぎ込んでいます」と述べている。 このユニークなペイントスキームはボディカラーだけでなく、車両全体に一貫したデザインとして採用されている。 オプションのカーボンファイバー製フェンダーを選択すれば、標準装備のパネルに比べてさらに1. ホイールベースは2670mm。 絶妙な設定だ。

>

世界限定765台 「マクラーレン765LT」の注文受け付けがスタート 【ニュース】

これらはマクラーレン・オートモーティブ・ジャパンのYouTubeサイトからアクセスが可能。 したがって彼女は、開発のあらゆる部門と頻繁にディスカッションを繰り返し、最善の素材を提供するために努力を重ねている。 それぞれのシェル重量は3. スーパーシリーズ「マクラーレン720S」をベースにエンジン性能を高めたほか、軽量化や空力性能の向上などを図った。 車内の広範囲に採用するアルカンターラも軽量仕様。 「しかし我々はさらなる軽量化を目指し、車両のあらゆる部分を精査したのです。 ウインドウの開閉スイッチ周りやアクティブ・ダイナミクス・パネル(ADP)のトリムもカーボン素材となっている。 フロントタイヤへの意識は薄くなり、リアタイヤ側の挙動に神経が向かう。

>

最新ロングテール「マクラーレン 765LT」、2020年9月末からデリバリーをスタート

キャビンにはアルカンターラ製インテリアトリムやカーボン製レーシングシートに加えて、シフトパドルなどにもカーボンパーツを採用。 6kg-mという巨大なトルクが沸き立つと、ブレーキ・ベースのトルクベクタリング・システムは、処理しきれなくなるようだ。 これはMSOが手掛けたカーボンファイバーが持つ高い品質を披露すべく、クリアグロスカーボンファイバーで製作された。 MSO(マクラーレン・スペシャル・オペレーション)で自分好みに! 標準装備でも充実した内容だが、多様なMSO DefinesdおよびMSO Bespokeのオプションなど、オーナーの好みに合わせて765LTをパーソナライズ可能となっている。 それを化学成分レベルで研究できるのが、ポットモア氏の研究における目的であり、また楽しみでもあるという。

>